ダイビングのプロへの第一歩!

ダイビングのプロへの第一歩!

スノーケリングリーダー
SNORKELING LEADERSNORKELING LEADER

このコースでは、スノーケリングリーダーとして、NAUIスノーケリングプログラムが開催できるようになるための知識やスキルを身につけます。このコースを通して、スノーケリングの指導練習や技能トレーニングを経験できるので、お客様に安心してスノーケリング活動を楽しんでいただけるようになります。

コース実施内容
水中セッション

水中セッションでは、スノーケリングリーダーに必要なスキルを身につける、海洋実習の「オープンウォーターセッション」とNAUIリーダーシップスキルを練習するプールでの「コンファインドウォーターセッション」があります。

● オープンウォーター(OW)セッション(最低4回のOWダイブ)
オープンウォーターセッションでは、スノーケリングリーダーとして必要なスノーケリング、スキンダイビング技能を習得する他、スノーケリングプログラム参加者に対する指導練習と評価の方法、スノーケリングリーダーとして適切にスノーケリングプログラム参加者を管理する方法を身につけていきます。

OWセッション4つのテーマ

海洋講習風景

  • ①スキンダイビング技能チェック
    ・水深2〜3mから軽いものを数個回収
    ・水面でのマスク、フィンの脱着
  • ②スノーケラー、スキンダイバーレスキュー
    ・本人と同体格のスノーケラーを2分以内で50m曳航
    ・水面でパニックになったスノーケラーのレスキュー
    ・スキンダイビングレスキュー
  • ③スノーケリング技術の評価潜水
    ・スノーケリング技術のデモンストレーション(評価潜水)
    器材装備、バディチェック、エントリー、水面移動(バタ足、バックキック)
    スノーケルクリア、エギジット
  • ④スノーケリングリーダー技術の練習と評価
    ・スノーケラーのエントリー前の器材チェック
    ・エントリー、エギジットの管理
    ・水面にいるスノーケラーの管理(水面移動時、スノーケリング、水中生物観察実施時)
    ・トラブルを起こしたスノーケラーのアシスト
    ふくらはぎのけいれん、疲労、呼吸困難
box_bottom

● コンファインドウォーター(CW)セッション

  • ・器材の装着とバディチェック
  • ・状況に応じたエントリー
     ビーチからのエントリー
     ボートからのエントリー
  • ・状況に応じたエギジット
     ビーチからのエギジット
     ボートからのエギジット
  • ・スノーケルのくわえ方、呼吸法の紹介
  • ・スノーケルクリア
  • ・フィンを装着しているときの歩き方、立ち上がり方
NAUIスノーケリングリーダーコース技能の主な内容

400mの水泳・20分間の生存水泳・800mのスキンダイビング装備による水面移動

box_bottom
クラスルーム(CR)セッション

CRセッションでは、スノーケリングの計画やその実施、引率の方法など、NAUIスノーケリングリーダーに必要な知識を身に付けます。

CRセッションの主な内容
教材
●NAUIについて
NAUIの紹介、NAUIスノーケリングプログラム基準、NAUIの手続き、NAUI製品とサービス、NAUIスノーケリングリーダー登録手続きと更新手続き。
●NAUIスノーケリングプロラム
サンプルプログラム(概要、スケジュール、実施内容)
ブリーフィング、ディブリーフィング内容
クラスルーム内容
指導法についてはスノーケリングプログラムのクラスルーム内容に則して伝える。
●NAUIスノーケリングリーダーの法的側面と保険
box_bottom

NAUIスノーケリングリーダーコース参加条件

  • NAUIスキンダイビングレスキュー(もしくはNAUIスクーバレスキューダイバー)
  • NAUI CPR&First Aidの有効な資格
  • NAUIスキンダイバー(NAUIスキンダイビングスペシャルティコース修了資格)


参加申込・費用について

参加申込・諸費用等は主催者により異なりますので、NAUIインストラクタートレーニングセンター(ITセンター)または、最寄りのNAUIスクーバセンターまでお問い合わせください。

NAUIダイビングリーダー資格について

NAUIダイビングリーダー(NAUIインストラクター、NAUIダイブマスター、NAUIアシスタントインストラクター、NAUIスノーケリングリーダー)資格は、「沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保等に関する条例」(第6条)の定める「水難救助員の資格基準」を満たしています。