ダイビング、アシスタントインストラクターコース

あこがれのインストラクターに近づける!

アシスタントインストラクター
ASSISTANT INSTRUCTOR CARDASSISTANT INSTRUCTOR

NAUIインストラクターのアシスタントとして活動できるようになるためのコースです。ダイビングインストラクションの基礎トレーニングなどを行い、NAUIリーダーシップとして必要な基本的水中技能も身につけていきます。アシスタントインストラクターとして認定されると、単独でスクーバダイバーコースのクラスルーム部分を担当したり、プールでのインストラクション・評価を行うことができます。そして、オープンウォーターでの参加者の安全管理などをすることができます。

また、追加のコースに参加することで、NAUI CPR&First Aidインストラクターやトライスクーバダイビングリーダー資格を取得できます。

コース実施内容
水中セッション

プール講習風景● オープンウォーター(OW)セッション(最低2回のOWダイブ)

  • インストラクターのもとでアシスタントとして活動する練習をします。
  • オープンウォーター技能の実技検定(認定ダイバーとしていくつかのオープンウォーター技能を実施)。
  • スクーバダイバーレスキュー。

● コンファインドウォーター(CW)セッション

  • コンファインドウォーターでのインストラクション・アシストの練習。
  • NAUIダイブマスター、アシスタントインストラクターコース共通技能。
NAUIダイブマスター、アシスタントインストラクターコース共通技能の主な内容

400mの水泳・20分間の生存水泳・800mのスキンダイビング装備による水面移動・スキンディッチアンドリカバリー・スクーバリカバリー・スクーバダイバーレスキュー。

box_bottom
クラスルーム(CR)セッション

NAUIのインストラクションスキルの基本(クラスルーム、コンファインドウォーター、オープンウォーター)と、アシスタントとして活動する上で必要な知識を学びます。

CRセッションの主な内容

教材NAUIオリエンテーション、NAUIアシスタントインストラクターの役割・義務・責任、NAUIアシスタントインストラクターの資格、クラスルームプレゼンテーションと準備、コンファインドトレーニングの構成、オープンウォータートレーニングのアシスト、緊急時の対処、緊急事態への準備、NAUIリーダーのための危機管理と保険など。

box_bottom
実地研修

コース参加中に実際のスクーバダイバーコース参加者の前で実地研修を行います。
(クラスルームでの講義、コンファインドウォーターでのインストラクション・アシスト、オープンウォーターでのアシストなど)。

box_bottom

NAUIアシスタントインストラクターコース参加条件

  • NAUIリーダーシップコース共通参加条件を満たしていること。
  • コアスペシャルティ(レスキュースペシャルティを除く)のうち最低3種類の資格を有していること。
  • NAUI CPR&First Aidの有効資格、NAUIレスキュースペシャルティダイバーの資格認定、もしくは他団体の同等資格。
  • NAUIマスタースクーバダイバーの認定を受けていること。
  • 環境、水深、活動内容などが多様な20回以上のスクーバ潜水経験があること。

参加申込・費用について

参加申込・諸費用等は主催者により異なりますので、NAUIインストラクタートレーニングセンター(ITセンター)までお問い合わせください。

NAUIダイビングリーダー資格について

NAUIダイビングリーダー(NAUIインストラクター、NAUIダイブマスター、NAUIアシスタントインストラクター、NAUIスノーケリングリーダー)資格は、「沖縄県水難事故の防止及び遊泳者等の安全の確保等に関する条例」(第6条)の定める「水難救助員の資格基準」を満たしています。