大好評!全国「NAUIスノーケリングプログラム」(シュノーケリング)開催店情報

大好評!全国「NAUIスノーケリングプログラム」(シュノーケリング)開催店情報

NAUIスノーケリングプログラム開催店を見る▼

<北海道>
SCUBA Diving Center POSEIDON(札幌市)
<千葉県>
館山ダイビングサービスSARA(館山市)
沖ノ島ダイビングサービス マリンスノー(館山市)
<東京都>
セブンシーズ(世田谷区)
海風通倶楽部(板橋区)
<大阪府>
マリン/大阪ダイビングカレッジ(中央区)
<広島県>
広島マリネットダイビングクラブ(広島市)
<山口県>
マリン&マリン(下関市)
スキューバダイビングかりゆし(長門市)
<宮崎県>
ダイビングスクール&プロショップGREET DIVERS(宮崎市)
<鹿児島県>
ダイブピーシーズ奄美(奄美大島)
<沖縄県>
ダイブチーム ムラタ(恩名村)
沖縄ダイビングサービスバナナリーフ(読谷村)
マリンセンター海風(インカディ)(伊良部島)

誰でも気軽にできるNAUIスノーケリングプログラム(シュノーケリング)

誰でも気軽に海を楽しめるのがスノーケリング(シュノーケリング)。
でも、安全に楽しむためには、ちょっとした練習や知識が必要です。
泳げなくたって、スノーケリング装備を身につけていれば安心。
テクニックやルールはNAUIスノーケリングリーダーが教えてくれ、
あなたのスノーケリングを優しくエスコートしてくれます。

NAUIスノーケリングプログラム参加者には、子供でも分かりやすくスノーケリングを解説した
「NAUIスノーケリングガイド」と記念になる参加証が発行されます。

上記に掲載されていないNAUIスクーバセンターでも開催している場合もありますので、直接お問い合わせください。 全国のNAUIスクーバセンターはこちら

「NAUIスノーケリングガイド」と記念になる参加証

スノーケリングの安全ルール

体調が悪いときには海に入らない

体調が悪いときは、海に入らないようにしましょう。もちろんアルコールが入っているときも絶対に海に入ってはいけません。判断が鈍ったり、思ったように活動ができずに大変なトラブルになる可能性が高くなります。

浮力のあるもの(浮くもの)を身につける

スノーケリングベスト(ライフベスト)などの浮くものを身につけるましょう。長時間楽に浮かぶことが出来て、何かあったときでも水面で助けを待つことができます。

必ずバディで一緒に行動する

スノーケリングはバディ(一緒に行動する相棒=仲間)が必要です。相手の安全を守る気持ちで、常に一緒に行動しましょう。器材をつけるときのチェックや、安全の確認、足がつったときのサポートなど、バディがいれば大きな安心になります。バディと一緒だと楽しさも倍増です!(子供場合は大人のバディが必要です。)

安全な場所で遊ぶこと

波や流れがなく、安心して遊べる場所を選びましょう。海水浴などで遊泳可能な場所が良いでしょう。NAUIスノーケリングリーダーから楽しめる場所を紹介してもらいましょう。足場が良くて、フィンの着脱がやりやすく、波の影響の少ない場所から出入りしましょう。急に引き込まれるおそれのあるテトラポッドの近くでは、決して遊んではいけません。リップカレント(離岸流)に注意をして、もし、巻き込まれたときは岸と平行に泳いで、流れが弱くなったところから海岸を目指しましょう。
リップカレント(離岸流)についての詳細は下記、海上保安庁のページもご覧ください。

海上保安庁 

日焼けや怪我に注意する

夏の日差しの下で水着だけで長時間スノーケリングをしていると、日焼けで背中が大変なことになってしまいます。ラッシュガードやTシャツを着て楽しみましょう。岩場の海岸では足を怪我しやすいので、マリンシューズやスニーカーを履いた上にフィンを履くようにしましょう。グローブもあると安心です。夏は水分をこまめにとって、熱中症を予防しましょう。また、水に入っていると思ったよりも体が冷えます。早めに休んで、体を冷やさないようにしましょう。

海の危険な生き物たちに注意

海の中には、危険な生き物もいます。そのほとんどは、人間につかまれたり、踏まれたりした時に、自分の身を守る為に反撃してくる生き物です。その地域に気をつけなければいけない、どんな危険な生き物がいるか、NAUIスノーケリングリーダーが案内してくれます。

さあ、マスクをつけて、海の中をのぞいてみよう!
海の中には、こんなにもたくさんの魚や生き物達がいるのかと
きっとびっくりするはず。時間を忘れて楽しんでしまうこと、間違いなし!この夏、安全に海を楽しもう!